眼科 処方箋 違法

処方箋の発行を断る眼科がいる現実

処方箋なしにコンタクトレンズを販売するのは違法だと漠然と思っている方もいるかもしれません。実際には違法行為ではありません。

 

そのいっぽうで、処方箋の提出を義務付けているコンタクトショップが存在します。これは、コンタクトレンズ販売店は、販売方針によって処方箋提出の義務付けをすることも許されているからです。

 

処方箋提出を義務付けているコンタクト通販を利用する際には、まず眼科で処方箋を交付してもらう必要が生じます。ところが、処方箋入手のために眼科を訪れた際、眼科医に、処方箋の発行のみだと断られるという経験をした方が中にはいるようです。

 

でも、それっておかしくないでしょうか?その眼科で購入しないと、処方箋を発行してもらえないということ自体は法的に問題ではないのでしょうか?

 

眼科によっては処方箋のみ発行が可能なところもありますが、コンタクトを買わないと発行してもらえないところも中にはあるのが実態です。

 

実は、法律的には、医療機関において、コンタクトの販売といった営利目的行為を行うことは、違法行為にあたります。患者に対して、その眼科でコンタクトを購入することを前提に処方箋を交付したり、、購入しない場合に、処方箋発行のみはしないという眼科があれば、違反していることになります。

 

医療機関は、医療を施すことを第一にしているので、販売を目的とすることは理念に反する活動になるのです。このように医療の世界では、医療側と販売者側に法的な制限が設けられています。

 

そうはいいましても、違反行為であるにもかかわらず、処方箋のみを発行しない眼科は多く存在します。眼科を予約し、実際に眼科医に会って初めてそこでは処方箋のみの発行はしないと知らされることも多々あるようです。そのような事態に陥らないように、あらかじめ口コミ情報や予約時の電話で、処方箋のみの発行が可能かどうかを、事前にきちんと確認しておくことをお勧めいたします。