コンタクト 処方箋 義務

処方箋不要でも提出義務があるお店は存在します

これまで眼科でコンタクトを作っていた方は、通販などの格安のコンタクトを見つけて、その価格の違いにちょっとショックを受けたりされたかもしれません。コンタクトレンズ通販店の多くは、一般的に格安価格でレンズを販売しています。

 

そして、コンタクトレンズ通販店の似中には、購入時に処方箋を必要としない、処方箋不要店が存在します。処方箋不要でコンタクトレンズを販売することも、私たちが購入することも法律的に認められた合法行為となっています。

 

そのいっぽうで、コンタクトレンズ購入時に処方箋提出を義務付けているお店も存在します。薬事法的にも処方箋不要は合法にも関わらず、その処方箋提出を求める店があるのはなぜなのでしょうか。

 

コンタクトには沢山の種類、度数、デザインがありますが、処方箋がないと自分の目に合ったレンズがわかりません。そもそもあなたに合ったレンズデータ(レンズのカーブ、度数)、自己判断できるものではなく、眼科に診断してもらわないとわかりません。

 

販売店側が購入者に処方箋提出を義務付けしている一番の理由は、安全性です。法律的は処方箋提出の義務はありませんが、どちらが安全かといえば、購入時に眼の検診を行い、処方箋を交付してもらったほうが安全であることには違いはありません。

 

法律的に処方箋提出を強制することはありませんが、お店の方針として、処方箋提出をお願いする行為は認められています。ただ、お店によっては、利益を多くするために併設の眼科で処方箋を交付させているのではないかと疑いたくなるようなところがあることも否めません。

処方箋義務付け店でないお店で購入する場合

このように、コンタクトを購入する際に、処方箋提出を義務付けしたコンタクトショップはあるいっぽうで、処方箋なしでコンタクトが買えるお店もあります。

 

そのような処方箋不要店でレンズを調達する際でも、、勝手な自己判断でコンタクトレンズを購入することは危険です。

 

仮に質の悪い輸入品を安く入手したりして、目に悪影響を及ぼしたりしたら大変です。処方箋があれば、、処方箋に沿った、適切なレンズを安心して購入することができます。でも、それがない分、自己責任になるのです。

 

購入後に各個人のレンズの扱い方次第で、瞳とコンタクトの状況も変わってきます。正しい使用方法を知った上で適切な使用方法を守りっていくことが大切です。それが自己責任です。

 

処方箋不要が合法だといっても、購入する側がコンタクトの管理をしっかりと行わないとトラブルを引き起こす原因にもなります。処方箋が不要でも購入後は、きちんとした使い方を必ず守り、あなたの眼の安全を第一に使用していって下さい。