コンタクトレンズ 購入 処方箋なし

コンタクトレンズの処方箋なしでの購入は違法では?

ネット通販や実店舗で、処方箋不要でもコンタクトレンズを購入できるところが増えてきていますが、法律的にはどうなのか不安な方もいらっしゃいます。

 

使い捨てコンタクトを販売するにあたり、販売店側では、処方箋なしでも合法なのでしょうか?また、購入する私たち側も、処方箋なしで購入することは違法行為にあたらないかと心配になります。どんなにお得でも違法行為で品物を購入するのは嫌ですものね。

 

医療的にはコンタクトに関しては、高度管理医療機器として扱われており、コンタクトレンズの処方箋というものはコンタクトレンズ(装用)指示書にあたります。そして、現在の薬事法ではコンタクトレンズを購入する際に、処方箋を提出することは義務にはなっていません。販売者側も購入者側も処方箋の提出のやりとりをする義務は一切ないということです。

 

ですので、処方箋なしでコンタクトを販売していても、お店は当然違法行為などではありませんし、購入者側である私達も、普通に合法的な方法でのコンタクトレンズの購入となります。

ネット通販店でのコンタクトレンズを購入

ただし、注意しなければならないことがあります。それは、初めてコンタクトレンズを購入する方は、眼科医から処方箋を発行してもらわなければ、レンズ度数やレンズカーブの数値がわかりまません。また、久々にコンタクトを購入することになり、古いレンズデータがそのまま使用できるとは限らない、再診が必要な購入者も、新たに処方箋を発行してもらわないと正しいコンタクトが購入できません。

 

ですので、初めて使い捨てコンタクトレンズを作る方や、久しぶりにコンタクトを作る人は、眼科にて処方箋を入手して下さい。

 

眼科やコンタクト販売店を併設した眼科において、処方箋を一度発行してもらえば、あなたに必要なレンズデータはわかります。そのデータを元に、処方箋が不要とされるコンタクト通販店堂等でレンズを注文することができます。もちろん合法的な購入方法でうので、ご安心下さい。

 

ただ、視力度数はいつまでも一緒とは限りません。知らず知らずのうちに視力が年月とともに悪化していることもあります。度数が合わないコンタクトを装用していることは、視力をさらに悪化させることにもつながりかねません。また、瞳の状態に問題がないかも常にチェックしておくことは当然ながら重要です。眼疾患の予防にもなることでしょう。

 

そういう意味からも、コンタクトレンズ処方箋は、一度入手したら終わりということではなく、眼の検診と、処方箋(装用指示書)の入手は定期的に行っておくのが望ましいといえます。合法であっても、瞳の安全を十分に考えた上でコンタクトレンズを購入し、使用していくように心掛けることが大切です。

 

実際の処方箋不要人気販売店に関して詳しく知りたい方は、本サイトをじっくりとご覧下さい。 処方箋なしでコンタクトレンズが購入できるお店にもいろいろとあり、どの通販が良いのかといった情報が手に入ります。